外壁補修・ピンネット工法・雨漏り・防水・大規模修繕・耐震補強、リフォームのことならリフォームジャパン!!
RJ リフォームジャパン 外壁補修.JP
   
  HOME  
  工事メニュー  
  ひび割れ・外壁落下  
  雨漏り  
  外観を綺麗に  
  屋上の防水加工  
  耐震補強  
  工法の紹介  
  施工実績  
  安心保証制度  
  会社概要  
  工事スタッフ紹介  
  リンク  
   
   
屋上防水をお考えの方にリフォームジャパンはテクノパネル工法をオススメします!

屋上防水実績例

東京都 Kビル屋上    
施工前   施工後
千葉県流山工業 団地S社屋    
施工前   施工後
 
 
屋上防水をオススメする4つの理由
パネル工法なので短工期
既存下地にかぶせる工法であるため、建設廃材の低減化を実現し、作業性も従来の工法の1/2の工程で行え、大幅な省力化を可能にしました。
高い防水性と外断熱性を有した最新工法
テクノパネル同士のジョイント部は、アンカー固定後にFRPライニングを施工することにより、シームレスな防水層を形成することができます。さらに、断熱材と一体になっているため、室内温度を一定に保ち、CO2の抑制にもつながります。
FRP素材で軽量なので、建物に優しい
単位面積あたり約5kgの軽さ(1u)であり、アスファルト防水やコンクリート押さえ工法なのでに較べ、約5分の1の重量と躯体構造物に負担がかかりません。
テクノパネル工業会補償制度
10年間の防水保証書、またテクノパネル工業会が保険に加入しているため、万一の漏水事故による家財や内装の手直し等が生産物賠償(PL)保険の適用により10年経過後でも保証されます。
 
 
 

テクノパネルとは

●安定した施工技術
工事成型FRPパネルと断熱材を組み合わせたハイブリッドパネルを用いて、屋根スラブに断熱防水を施す工法です。
●優れた外断熱効果
室温度の安定化により消費電力を低減し、それに伴うCO2排出抑制します。 また、建物の重要な部分の躯体保護効果により長寿命化につながります。
 
  クラックの発生・室内温度の不安定化 クラックの発生防止・室内温度の安定化
     
●断熱性能の検証
日照時間内での温度変化が少なく、午後1時頃には9.5度の温度差が見られ、夕方頃には保温効果により温度が下がりにくくなっているのが確認されました。
   
       
   
  施工実施棟施工前 施工実施棟施工後  
 
  →施工実績について、詳しく見てみる。
  →安心できる理由とは?